“振分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふりわけ60.9%
ふりわ39.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
脚絆を着け、素足に麻裏穿き、柳行李袱裹振分にして、左の肩に懸け、右の手にさんど笠をげ、早足に出づ。
ちやんの振分に、わらぢ穿で、のやうな上野をさしてちてくと、揉返群集
露宿 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
金蔵は、旗幟を立てる大きな石の柱の下にうずくまって、振分けの荷物を膝の上に取下ろし、お豊の面をさも嬉しそうに見ています。
大菩薩峠:05 龍神の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
振分けにして、比較的さうなのをいでると、いのくないのと、おにならぬ。肩骨はメリ/\くのである。