“雨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あめ78.3%
あま12.6%
さめ3.6%
2.0%
アマ1.2%
ふら0.8%
あべ0.4%
あめふ0.4%
あァめ0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まだ昨日ったが、ところどころのくぼみにたまっていました。そのにも、しくらしていていました。
幾年もたった後 (新字新仮名) / 小川未明(著)
あがりの晩に車に乗つて、京都の町を通つたら、くして車夫が、どこへつけますとか、どこへつけやはりますとか、何とか云つた。
京都日記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
むら吹通したに、大火鉢貝殼灰——これは大降のあとの昨夜りに、となくしかつた——それがざかりにもかつた。
十和田の夏霧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
如意珠を持って焼香礼拝し、まず願を発していわく、わがために食をらせよ、と。語に随ってすなわち百味の飲食を雨らす。かくのごとく種々のもの意に随って宝を得。
霖雨の候の謹身であるから「ながめ忌み」とも「づゝみ」とも言うた。後には、いつでもふり続く雨天の籠居を言ふやうになつた。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
即日必ず除癒を得んと誓い、この言虚しからずば諸天香華さんと言うに、声に応じて曼陀羅花降り下り大地震動と来た、太子すなわち鹿皮衣を解きて頭目を纏い
が降ってるぜ。」とジョリーは言った。「僕は火の中にでも飛び込ぶとは誓ったが、水の中でぼとは言わなかった。風邪を引いちゃ、つばらない。」
るとか、蚊が多くて、始めて復た幮を設けたとかいふ短い言葉で、唯時の關係より外には全く聯絡のない事を書いてあるので、却つて躍然と旅中の趣が目前に彷彿たるに至ると同じく
海郷風物記 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
しかのみならず、五、まま洪水が襲って、せっかくこれまでにきた御経営も、一夜に泥の海とすごときれすら、なきにしもあらずです
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)