“小雨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こさめ94.0%
こざめ3.0%
こあめ1.5%
コサメ1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
書窓から眺めると、灰色をした小雨が、噴霧器く様に、——と北からの杉の森をめてしきりもしぶいて通る。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
この夜ふけ聽けばこまかにきこえゐる小雨にしあれやそそぐ春雨
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
吾が庵を 外山の雲の末に見て、小雨ふる田に、牛ぬらすかな﹅
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)