“鼬”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いたち99.4%
イタチ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
勿論、兇器は離さない。の足がつて、ともすれば局の袴にかうとするは、燃立躑躅の花のに、が狂ふやうである。
妖魔の辻占 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
例の如くややしばし音沙汰がなかった。少しれ気味になって、また呼ぼうとした時、大鼠かが何処かで動いたような音がした。
観画談 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
所謂「木津や難波の橋の下」と謡れた、川といふ境川一つを隔てゝ、南区難波、即、元の難波村と続いてゐる。東は今宮、西は町と言ふ、かの渡辺で通つた、えた村である。
折口といふ名字 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)