橘曙覧評伝たちばなのあけみひょうでん
天皇は神にしますぞ。天皇の勅としいはゞ、畏みまつれ 天の下清くはらひて、上古の御まつりごとに復るよろこべ 橘曙覧が、越前福井三橋の志濃夫廼舎で、五十七年の生涯を終へたのは、慶応四年八月二十八日であつた。 「此日、早旦自ら起たざるを知り、一二 …
作品に特徴的な語句
ヲセ(?) ツク(?) フル オモ 退 イヅ ヲサ フミ オム フリ ソメ ヒノ イザナ 這入ハヒリ コノ シコ マウ カコツ ニハトリ トモシビ カシコマ クブサ ワガ イダ アキ ヒロ 丈夫マスラヲ ゴト 男子ヲノコ マタ フキ イヘ カシラ ミジカ ニホヒ オコ ヤド ヒキ クウ ヒサ ウシロ スタ タマ ホラ 目眩マギラ ヲザシ イサギヨ メグ 夕食ユフゲ 地上ツチノウヘ ユラ タク 幻影オモカゲ ウラ 眼前マノアタリ カラ フル オノヅカ セ(サ) 生業ナリハヒ 稜威ミイツ アツ 忠実マメ 御像ミザウ ハネ ノゾ イハホ 如此カヽ ビト スルド キヌ 地下ツチノシタ ヨコシマ イシ ワスレ トリ