“如此”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かくのごとく35.3%
かくのごと23.5%
かくのごとき17.6%
かくのごとくに5.9%
しか/″\2.9%
かく2.9%
これ/\2.9%
こん2.9%
こんな2.9%
カヽ2.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見テ曰ク我ニシテ彼幼者ニ問フ羞ヅ可キノ至リナリト如此ニ至テハ如何シテ其疑ヲ解クヲ得ルカ其疑タル死ニ至テ尚未ダ解ケザルナリ
如此き事をみし事なし、みて馬鹿気たる事をめたれば全然之を放棄せり、く事なり
問答二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)
かくの如く嘉靖または万暦の初年と康煕の初年との間、ど百年乃至百五十年のうちにも髣髴として如此の音韻変化の迹がたどられる。
昨日は又、創作、『ほっとした話』一篇、御恵送被下厚く御礼申上候。来月号を飾らせていただきたく、お礼如此御座候。諷刺文芸編輯部、五郎、合掌。
虚構の春 (新字新仮名) / 太宰治(著)
はするに茲は召仕丁稚和吉糊賣お金のへ至り委細より大きに驚き立歸りて管伴如此の由たりしに忠兵衞もまた驚嘆し此事主個夫婦を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
種彦は、江戸で二月八日御事始に笊を門口に懸けた旧俗をくとて、昔より目籠は鬼の怖るるといい習わせり、これは目籠の底の角々は☆如此晴明九字(あるいは曰く晴明の判)という物なればなり。
はんとて障子へ參りし寢言なるか夫かあらぬか如此和君は仰せ有ましたがもあらぬに今の御言葉どうも合點が參りませぬ然すれば病氣と仰被にて途中で何事か有しを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
この有様でもお秀は妾になったのだろうか、女の節操てまで金銭がい者が如何して如此貧乏しい有様だろうか。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
そこで僕は色々と聞きあつめたことを総合して如此ふうな想像を描いていたもんだ。……先ず僕が自己の額に汗して森を開き林を倒し、そしてこれに小豆く、……
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
の御楯といふ物は、如此る物ぞと進め。真前に——小木捨九郎主に
橘曙覧評伝 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)