“節操”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みさお50.0%
みさを33.3%
せっそう16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この有様でもお秀は妾になったのだろうか、女の節操てまで金銭がい者が如何して如此貧乏しい有様だろうか。
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
『断然元子を追ひ出してを奪つて来る。しくつても節操がなくつてもの方がい』といふ感が猛然と彼の頭にぼつた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
節操はすたれ、利をみれば、旗も墨で塗りつぶし、義といえば、愚者の無知とう世だ。
私本太平記:11 筑紫帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)