“無節操”の読み方と例文
読み方割合
むせっそう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
信雄の無節操弾劾し、出し抜かれて、窮地に立った徳川方の立場を——また天下への面目をどうするか——と、みな悲涙をたたえて憤慨した。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)