新書太閤記しんしょたいこうき11 第十一分冊11 だいじゅういちぶんさつ
ぜひもなく秀吉もまた、軍をかえして、楽田へひきあげた。 彼が舌を巻いて嘆じて云った——モチにも網にもかからない家康と、またふたたび、小牧において、にらみあいの対峙をつづけるほかなかった。 こうして、長久手の一戦は、池田勝入父子のあせりに大き …
作品に特徴的な語句
イカメ 調トトノ チヤク フサ タヒラ サゲス イタヅ イツ オホ サト 草鞋ワラヂ アマツ 可笑ヲカシ こと づけ トキ オモム ヒソ ナホ イヘド えん カカ マカ かう ヨロコ 所詮シヨセン めい コレ ムネ うま ちが 一生かずなり 利益とします いた ホコリ えん どまり 退 だま 停止チヤウジ けい 燦爛サンラン こう いっ ぼん きょう ちょう でい 侍女おんな じじ げん コトゴト 建立コンリフ がら だっ がしら とお 強請きょうせい にん おとず 見参ケンザン しょう づめ 尺蠖せっかく たく ざかい 村里ソンリ 地震なえ 木造こづくり しゅう 白地はくち 退しりぞ ホシイママ トヲ むずか おと りゅう まゐ さふらふ はた いち
題名が同じ作品
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:02 第二分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名)吉川英治 (著)