“棟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むね95.5%
むなぎ1.5%
やのむね0.5%
あふち0.5%
とう0.5%
のき0.5%
ブロック0.5%
ムネ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
旧冬より降積たる雪家のよりも高く、春になりても家内薄暗きゆゑ、高窓たる雪をのけてをとること前にもいへるが如し。
その小説の中の柱たりたる人物は、あるいは「親孝行」という美徳を人にえて現わしたようなものであったり、あるいは「忠義」という事を人にして現わしたようなものであったり
めてある百姓にも蔊菜石龍芮黄色小粒たせて、にさへぜしめる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
白膠木こそあれ、葉廣菩提樹
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
第二十一子王とし、第二十二子王とし、第二十三子王とし、第二十四子王とし、第二十五子𣟗王としたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
高う低う屋のに響きて、可愛や寐た間も魂は、米屋の軒をめぐる松之介の夢醒めむかと危ぶまれぬ。
磯馴松 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
各階ごとにテラスをもった近代風なアパートメントが、二、たてにつらなって建てられているために、窓々やテラスの見とおしが賑やかにゆたかな効果で印象づけられる。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
附近ノ家ノ、堤ヨリ低キコト、五尺バカリト定ム。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)