“棟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
むね95.3%
むなぎ1.6%
あふち0.5%
とう0.5%
のき0.5%
やのむね0.5%
ブロック0.5%
ムネ0.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“棟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語4.0%
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行1.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.6%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
畑の中に百姓屋めいた萱屋かややの寺はあわれにさびしい、せめて母の記念の松杉が堂のむねを隠すだけにのびたらばと思う。
紅黄録 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
この時日は既に万家ばんかむねに没しても、余残なごりの影をとどめて、西の半天を薄紅梅にそめた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
音楽の声は室内へはいって、はりむなぎのあいだに在るかと思うと、死骸はって舞いはじめた。
むなぎうつばりは燃え、下には虐殺が行われている。8115
白膠木ぬるであふちこそあれ、葉廣菩提樹はびろぼだいじゆ
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
第二十一子しん王とし、第二十二子えいあん王とし、第二十三子けいとう王とし、第二十四子とうえい王とし、第二十五子𣟗王としたり。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
高う低う屋ののきに響きて、可愛や寐た間も魂は
磯馴松 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)
いゝ加減かげんおほきくなつたならみなつくしてるので、その小枝こえだとほしてくぼんだやのむねえる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
あめかためてある百姓ひやくしやうにはつちにも蔊菜いぬがしら石龍芮たがらし黄色きいろ小粒こつぶはなたせて、やのむねにさへながみじかくさしやうぜしめる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
各階ごとにテラスをもった近代風なアパートメントが、二ブロック、たてにつらなって建てられているために、窓々やテラスの見とおしが賑やかにゆたかな効果で印象づけられる。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
——四方ノ堤、四十八町ヲ廻リ、路四里ナリ。堤ノ高サ六間、土台十八間。附近ノ家ノムネ、堤ヨリ低キコト、五尺バカリト定ム。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)