“白膠木”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ぬるで93.8%
ぬりでのき6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いままで洋服箪笥のあった壁の上に、芽出しの白膠木の葉繁みがレースのような繊細な影を落しているのが、なぜかひどく斬新な感じがした。
肌色の月 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
さういふ村落んで其處にも雜木林が一くなつてる。先立つてどくえるやうになつた白膠木じてる。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
束髪にして打もの執って従軍されましたが、敵勢が盛んなるを御覧になって、仏天の加護を得ずんば願成り難しと、白膠木を取りて四天王の像を作り、これを頂髪に籠められて
仏教人生読本 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)