“雜木林”の読み方と例文
新字:雑木林
読み方割合
ざふきばやし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雜木林には硬直さうとしてつ。める雲雀時々めてけたとびかける。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
そのるみをや、處處雜木林蒼黒つてした。はそれをぢつと見詰めてゐるに、となく感傷的氣分ちてた。
一兵卒と銃 (旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
それで一先づそれを、雜木林んで。