一兵卒と銃いっぺいそつとじゅう
霧の深い六月の夜だつた。丁度N原へ出張演習の途上のことで、長い四列縱隊を作つた我我のA歩兵聯隊はC街道を北へ北へと行進してゐた。 風はなかつた。空氣は水のやうに重く沈んでゐた。人家も、燈灯も、畑も、森も、川も、丘も、そして歩いてゐる我我の體 …
作品に特徴的な語句
なを にぢ どま ぢう うま 負傷ふしやう 心細こころほそ うへ 水面みづも ふく がい こは ぷん まへ 失敗しつぱい 日前かまへ はう 最中さいちう あは とほ くわん たづ きふ たひら ほほ さい 賞讃しやうさん おほ あひだ 苦笑くせう をんな 祖母そぼ とま あが たい こら こは 行程かうてい 平素へいそ 今日けふ 仕舞しまひ なに 何時なんじ 川岸かはぎし ゆび 歩調ほてう たふ ざま 水煙みづけむり 酒場さかば まつた とか 水面すゐめん おこ 想像さうぞう ぶん 分前ふんまへ れつ はじ わり 反響はんきやう 祝福しゆくふく じう うしな 太陽たいやう 途上とじやう 可成かな かへ 地上ちじやう 時々ときどき 場面ばめん 處處しよしよ そと きこ よる 突然とつぜん 夢中むちう 武術ぶじゆつ 大分だいぶん 此處ここ はな 行軍かうぐん ねん おれ ひだり かは 見透みすか 左手ひだりて