“館”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
やかた67.1%
たち15.4%
たて5.7%
くわん2.0%
かん1.6%
ハウス1.2%
マンション1.2%
うち1.2%
タチ1.2%
こや0.4%
しくわん0.4%
コヤ0.4%
シャトウ0.4%
シャトオ0.4%
ホオル0.4%
マンシャン0.4%
ヤカタ0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
甚五郎の行方は久しく知れずにて、とうとう蜂谷の一週忌も過ぎた。ある日甚五郎の従兄佐橋源太夫が浜松のに出頭して嘆願した。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
このには一人として我を憎むものなし。されど尼寺の心安きには似ず。こは小尼公の獨り我に對し給ふとき、屡〻宣給ひし詞なり。
の山に行って見る。道は広いが、きのうの山よりは急で、少しぬかるので一寸した平地に出るまでには、息がきれて苦しかった。
土耳古使佛蘭士使武官以下西人の住宅非常に多い外になかなか色のある人を持つてゐる。
その竹トンボの音が常に旋回する中心をさぐってみると、そこはヘクザという、古い西洋建築があることがわかったのです
少年探偵長 (新字新仮名) / 海野十三(著)
その代り検事と課長は練習場で、ッ飛ばしに出ていった。ジュリアと千鳥とは、その間にクラブの奥にある噴泉浴へ出かけた。
恐怖の口笛 (新字新仮名) / 海野十三(著)
私の慾しいものは、宝石よりもよりも、唯一ふき、そよそよと新鮮に、瑞々しく、曠野の果から吹いて来る朝の軽風である。
(新字新仮名) / 宮本百合子(著)
「フランスへ行って住まおう、あっちのは好いよ、静かで——」
モルガンお雪 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
そんなのがあちこちの小高い場処に御館所を開いて、を構へ、配下の者を支配してゐました。
雪の島:熊本利平氏に寄す (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「——実は他あやん、その婆さんというのが、僕のいるの伴奏三味線を弾いている女でね」
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
土耳古使佛蘭士使武官以下西人の住宅非常に多い外になかなか色のある人を持つてゐる。
僕はアノの見張りだが、君は無切符で見ていたろう。君は知るまいが、浅草の活動小屋でそんな事をすると命がけだよ。
東京人の堕落時代 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
リゼットが始めて彼にえられてサン・ラザールの——牢屋へ送り込まれるときには生鳥のように大事にされた。真にを愛する猟人ものを残酷に扱うものではない。
売春婦リゼット (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
しく精神に異状を呈したと思われる、フィンランドの公爵、モンド氏の古きに捕虜となったコン吉ならびにタヌのその後の朝夕は、直接の肉体的被害はすくなかったが
灰色の鋸壁のあるは、眼下の谷間での目ぼしいもので、その森や暗いの巣は西の空を背にして立つてゐた。太陽が樹々の間をすぎて赫々と鮮やかにそのに沈んでしまふまで私はとしてゐた。
自分たちが決してこれらの近代的の客となることはないのだと感じながら、伸子は贅沢に静まっている邸宅の前を次々と馬車で通りすぎて行った。
道標 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
では、既に平安朝の中期に此が人形になつて居た文献がある。紫式部日記・枕草紙などで見ると、ひゝなはおを作つて祭つた事が記されて居る。