偶人信仰の民俗化並びに伝説化せる道ぐうじんしんこうのみんぞくかならびにでんせつかせるみち
万葉巻十六の「乞食者詠」とある二首の長歌は、ほかひゞとの祝言が、早く演劇化した証拠の、貴重な例と見られる。二首ながら、二つの生き物の、からだの癖を述べたり、愁訴する様を歌うたりして居るが、其内容から見 …
作品に特徴的な語句
木偶デク 刀自トジ 内裏ダイリ 御子ミコ 内裏雛ダイリビナ 百済クダラ 住吉スミヨシ キサキ 海人アマ 形代カタシロ 行者アンニヤ 人形ヒトガタ ヒサゴ モチアソ 八朔ハツサク 志賀シカ サイ 継母マヽウヤ 藁人形ワラニンギヤウ かたがた 牛頭ゴヅ 石清水イハシミヅ 節供セツク 淡島アハシマ 祝言シウゲン 姫御前ヒメゴジヨ 御神楽ミカグラ 東金トウガネ 安曇アヅミ 大宮オホミヤ 海部アマベ 日前ヒノクマ 人長ニンヂヤウ 天児アマガツ 曲水ゴクスヰ 陰陽道オンミヤウダウ 根生ネバ 京太郎チヨンダラ 常世国トコヨノクニ 神人ジンニン 傀儡子クワイライシ 呪言ジユゴン 四竹ヨツダケ 新来イマキ 華蓋キヌガサ 覆奏詞カヘリマヲシ 巨人オホビト 離宮リキウ 願人グワンニン 莎草クヾ 乞食者詠ホカヒビトノウタ 加太カタ 念仏者ニンブチヤ 武塔ブタフ 祓除ミソギハラヒ 禾本科クワホンクワ 穢物ケガレモノ 脇座ワキザ 諷誦フウシヨウ