“節供”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せっく69.2%
セツク23.1%
せつく7.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
イヒはでふかすこと今日の赤飯のごとくであったが、そんな方法をもって飯を製することは節供の日ばかりになった。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
穢や禍や罪の固りの様な人形ながら、馴れゝば玩ぶやうになる。五節供は皆、季節の替り目に乗じて人を犯す悪気を避ける為の、支那の民間伝承である。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
通例は秋の節供、即ち旧暦九月半ばの頃を祭日としたものが多い。秋は農家の最も心楽しい季節である。
祭のさまざま (新字旧仮名) / 柳田国男(著)