“節穴”の読み方と例文
読み方割合
ふしあな100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おじいさんは、わざと勝手もとから、へまわりました。そして、についている節穴から、のようすをのぞいてました。
日の当たる門 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「その野郎なら御心配なく、——節穴見たいなものを二つ持つて居ますが、何を聽いたつて、人に漏らす氣遣ひはございません」
やがて、赤羽主任は、その節穴をふさいでいた血染めのを、吹矢の先に刺して懐中電灯の光を借りて、じいっと見つめた。
電気風呂の怪死事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)