“塀”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へい89.0%
べい10.2%
かべ0.4%
かき0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「伊豆さまの屋敷だよ」と長次は云った、「伊豆さまの屋敷に大きな銀杏の樹があるだろう、風が吹くと、実がの外へ落ちるんだ」
赤ひげ診療譚:06 鶯ばか (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
それは倒れ残った火除や、きたならしく欠け崩れた石垣などと共に焼け跡のありさまをってすさまじくかなしくみせるようだ。
柳橋物語 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
お城のの中に落ちた自画像は、兵士が拾つてこれを王様に差上げました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
同行三 さまざまのを作って仏のお慈悲を拒んでいたのに気がつきました。
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)