“練塀”の読み方と例文
読み方割合
ねりべい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
を限る書割には大名屋敷練塀き、その上の空一面をば無理にも夜だと思わせるように隙間もなく真黒に塗りたててある。
すみだ川 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
去年の春麻布のさる町を通行したら高い練塀のある広い屋敷の内で何か多人数打ち寄って遊んででもいるのか面白そうに笑う声が聞えた。
趣味の遺伝 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
何んだろうと、私は松と話しながら、練塀へ突き当って、上野町の方へ曲がって行こうとすると、其所に異様な風体をした武士の一団を見たのであった。