“練塀町”の読み方と例文
読み方割合
ねりべいちょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは自分が練塀町の裏からせまい露地を抜けて大学へ通勤する時、折々見たことのある女である。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)