“練塀小路”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねりべいこうじ87.5%
ねりべいこうぢ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「ウム……言われて名乗るも烏滸がましいが、練塀小路れのねえ、河内山宗俊たァ俺のことだッ」とでもやられて見ろ、仮令その扇子が親譲りの
青バスの女 (新字新仮名) / 辰野九紫(著)
練塀小路あたりで按摩の笛、駿河台の方でびょうびょうと犬が吠える。物の音はそのくらいのもので、そこへ二の駕籠が前後して神田昌平橋にさしかかる。
「第一番は和泉屋嘉三郎、——練塀小路の油屋で、名題の青瓢箪