“烏滸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おこ86.7%
をこ13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こう申しては、烏滸のようなれど、いつも道中には、供の者十四、五名は連れ、乗り換え馬の一頭も曳かせて歩く身分の者でござる。
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
書についての私の経歴というようなものを、烏滸がましいのでありますが、一つの挿話としてお聞きをねがいたいのであります。
能書を語る (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
なるバルザツク忽ちその語をつて云ひけるは、「君の我等に伍せんとするこそ烏滸がましけれ。我等は近代文芸の将帥なるを」
濁醪引掛ける者が大福頬張る者を売色かす者が女房にデレる鼻垂る、之れ皆きをきをらざる烏滸白者といふべし。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)