“悟”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さと87.7%
さとり10.4%
0.9%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌朝きると、すでにづかれたとったものか、は、しのままになって、姿はどこへかえてえなかったのでした。
はまねこ (新字新仮名) / 小川未明(著)
なものには到底かれさうにりません」とめた宜道まへてつた。それは二三日であつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
竹槍を持った男が、咽喉へ小柄を立て、地面をのたうっている。事情がれた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
遠くさかのぼれば、昔慧可大師半臂ってを求め、雲門和尚はまた半脚を折ってに入った。
貧乏物語 (新字新仮名) / 河上肇(著)
あたしだつて人間だもの、まさかお前の心のめていないでもなかつたけれど、そこにア、それ……、かういつちや勿体ないけどまつたくさ。
もつれ糸 (新字旧仮名) / 清水紫琴(著)