“孫悟空”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
そんごくう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“孫悟空”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
手には一しんの棒をかいこみ、斉天大聖せいてんたいせい孫悟空そんごくうが、雲をけるにさながらのていだった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
殊にそのなかの孫悟空そんごくうは、わたしが申歳さるどしの生まれである因縁から、取分けて寵愛ちょうあいしているわけです。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)