“孫女”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まごむすめ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“孫女”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然るに蘭軒の孫女まごむすめ曾能そのさんの聞く所に従へば、忠行が引水の策を献じた後十年、慶長五年に関が原の戦があつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
棭斎の孫女まごむすめは後に蘭軒の子柏軒に嫁し、柏軒のむすめが又棭斎の養孫やうそん矩之くしに嫁して、伊沢狩谷の二氏は姻戚の関係を重ねた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)