“乱行”のいろいろな読み方と例文
旧字:亂行
読み方割合
らんぎょう66.7%
らんぎやう33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ひと頃、家臣たちが眉をひそめた、病的な乱行らんぎょうまって、今では、神経衰弱のかげもない程、まっ黒に日にやけている。
鳴門秘帖:05 剣山の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
祭祀さいしぜんの光景 以上のごとき乱行らんぎょうが十二日ばかり続いて、いよいよ三日から始まるとなりますと、各寺から僧侶がラサ府をして出かけて来る。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
然しばあさんは媳の乱行らんぎょう家の乱脈らんみゃくに対して手も口も出すことが出来なかった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
我子の乱行らんぎょうのためにせめを受けた抽斎が、その乱行を助長した良三の身の上を引き受けて、家におらせたのは、余りに寛大に過ぎるようであるが、これは才を愛する情が深いからの事であったらしい。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
それもこれもみんなお殿様の乱行らんぎょうのおかげでございます。毎日毎夜のご酒宴騒ぎ。のみならず時にはお太刀を抜かれ、諫言かんげんがましい事などを云うお気に入らぬご家来を片端から、お手討ちに遊ばす恐ろしさ。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
モリエエルと第二の夫人アルマンとの恋を具体化し、アルマンの乱行らんぎやうに対する文豪の煩悶を主としてゑがかうとした為、かへつて偉大なモリエエルのの雑多な性格
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
此人の乱行らんぎやうの一ツをいはば、叔父をぢたる大納言国経卿くにつねきやう年老としおい叔母をばたる北の方は年若く業平なりひら孫女まごむすめにて絶世ぜつせい美人びじんなり。
モリエエルが見舞に来て話のついでに細君の乱行らんぎやうついて歎息する。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
此人の乱行らんぎやうの一ツをいはば、叔父をぢたる大納言国経卿くにつねきやう年老としおい叔母をばたる北の方は年若く業平なりひら孫女まごむすめにて絶世ぜつせい美人びじんなり。