“業平”の読み方と例文
読み方割合
なりひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天蓋の下をのぞくと、だんなが業平、あっしが名古屋山左衛門ていう美男子だからね。ときに、この尺八ゃどこへどう差すんですかい
わたくしが業平の方までまいりまして、その帰りに水戸様前からもう少しこっちへまいりますと、堤の上は薄暗くなって居りました。
半七捕物帳:19 お照の父 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
いや、その間だけは恋の無常さえ忘れていると申してもよい。じゃによって予が眼からは恋慕三昧に日を送った業平こそ、天晴知識じゃ。
邪宗門 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)