“日本橋業平”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしなりひら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日本橋業平と言われたい男で、ずいぶん罪も作った様子ですが、一年前に遠縁のお清を嫁に貰ってから、これが思いの外の気性者で、巧みに勘次郎の浮気を封じ
相模屋の若旦那新助は二十一、古い形容ですが、日本橋業平といわれる好い男のくせに、去年あたりからすっかり、大弓ってしまって、大久保の寮に泊り込みのまま