“日本橋区”の読み方と例文
読み方割合
にほんばしく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なおその火の支流は本郷から巣鴨にも延長し、また一方の逆流は今の日本橋区の目抜きの場所を曠野にした。
函館の大火について (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
それは大川口から真面日本橋区の岸へと吹き付けて来る風をけようがためで、されば水死人のが風と夕汐とに流れ寄るのはきまって中洲の方の岸である。
夏の町 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
たとえば京橋区日本橋区のごとき区域と浅草本所のごとき区域とで顕著な区別のあることが発見されている。
函館の大火について (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)