夏の町なつのまち
枇杷の実は熟して百合の花は既に散り、昼も蚊の鳴く植込の蔭には、七度も色を変えるという盛りの長い紫陽花の花さえ早や萎れてしまった。梅雨が過ぎて盆芝居の興行も千秋楽に近づくと誰も彼も避暑に行く。郷里へ帰る。そして炎暑の明い寂寞が都会を占領する。 …
作品に特徴的な語句
ひるがえっ はなは ふら じゃ ゆるやか おり まぶし とどま よそ 思出おもいい おもん 蒲団マトラ なまめか はっ 消魂しょうこん からか あたま こま かがやか 他所たしょ まず ひか まずし かたむき 出入でい 植込うえご あかる つかま さしはさ さま 一度ひとた あざやか あが 青草あおぐさ もと にら こまか 立続たちつづ ひと 内儀ないぎ 理論テオリイ 爪弾つまびき 燈火とうか うごか ながし 洒々しゃしゃ 河水かすい 河岸かわぎし 桜花おうか そめ 昨日さくじつ ざま 姉妹しまい あた 序開じょびらき 黒煙こくえん しきり つど 間々あいだあいだ さから 迂曲うね へん こころみ 見掛みかけ 荒布あらぬの べに 窓外まどそと 真白ましろ 町家ちょうか 町中まちじゅう そぞろ 海辺かいへん うか 流行はやり 水門すいもん きま 植込うえごみ 松風しょうふう 月夜げつや さら 旅館ホテル 敷布しきふ さぐ のち はじ かすか 年来ねんらい 希臘ギリシヤ すで 多病たびょう 佇立たたず おおい