“松風”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まつかぜ82.1%
しょうふう7.1%
しようふう7.1%
まつ ぜ3.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
に、青柳女郎花松風羽衣夕顏日中日暮る。(太公望)はするくで、殺生道具阿彌陀なり。
木菟俗見 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そう仰っしゃらずにといいながらもいては争わず、もうそのことは忘れたように、江月照ラシ松風吹ク、永夜清宵何ノ所為ゾと悠々たる調子で吟じた。
蘆刈 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
京都に陶器を取扱つてゐる男は随分ゐるが、そのなかで、近頃たんまり懐中へた者に松風嘉定氏がある。
よしとこぶありけり十九といへど深窓ちは室咲きもじことらねど松風きは瓜琴のしらべに春日
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)