五月雨さみだれ
池に咲く菖蒲かきつばたの鏡に映る花二本ゆかりの色の薄むらさきか濃むらさきならぬ白元結きつて放せし文金の高髷も好みは同じ丈長の櫻もやう淡泊として色を含む姿に高下なく心に隔てなく墻にせめぐ同胞はづかしきまで思へば思はるゝ水と魚の君さま無くは我れ …
作品に特徴的な語句
微笑ほゝゑめ ゑに せう たへ たはふ そみ 婢女ひと 彼方かしこ ばな そなた 御前まへ 柔和をとな しやう 先方かなた あつ ことさら 退しり しう おもは わた 道理ことはり 何方いづこ とゝ 東京こゝ 容貌かほ ひか 眞實ほん 明日きのふ じん 兄弟きようだい いう つね くれな おほ うま 一寸ちよつ わき 容易たやすく 不快こゝろわるう ほと ぢやう 御使おつか おり われ 周旋とりもた しゆう 父樣と さま あだ 嬰子やゝ ごゝろ こゝろ こゝ ある まづ うへ 關係かゝ うし おのづか いきほ 些少いさゝか 莞爾にこ いづ 相談はな 亡母なきはゝ 如何いかに おつ おもふ うつ 夫人おくがた 莞爾につこ 分別わきまへ 口惜くちを なき ぶり この もつ たつ うた 白粉しろいもの 手折たをる 見送みを 御前おまへ そめ 幾日いくひ がたり
題名が同じ作品
五月雨 (新字旧仮名)吉江喬松 (著)