“盡”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
つく39.4%
34.0%
こと/″\10.6%
つき5.3%
ことごと5.3%
つくし1.1%
こと/\1.1%
じん1.1%
つけ1.1%
づく1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
きに病氣とばかりひぬれば、りもなくましくて、醫者にかゝれの、めのと悋氣れて此事しぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
になつてきたので、二人り、何處目的もなく、印度洋唯中のまに/\漂流つてるのである。
しばらくすると、毛蟲が、眞白になつて、にも、にも、花片らしてつてるゝ。幾千ともらない。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
「あかんも何もないよ。話し度くてももう種はてしまつた。たゞ遺憾々々と繰返しまして、扨てその遺憾はあるにはあるが……」
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
理窟が文學に非ずとは古今の人東西の人く一致したる定義にて、若し理窟をも文學なりと申す人あらばそれは大方日本の歌よみならんと存候。
歌よみに与ふる書 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
ひ出し申上候處其事私しへり夫は/\誠にしき責苦を受候御事詞にも筆にもがたく斯樣の儀を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
全體金屬構成せられ、觀外塔上甲板兩舷側はいふもなく、舵機室發射室艇員居室等、すべて一種堅強なる裝甲をもつて保護されて
かしと如何ばかり長閑けかるらん落花の三ちればぞあらしに吹雪のしろ流石からでうらの麗朗とせしあがり露椽先飼猫のたまきて首玉ゆるものは侍女のお八重とて優子に一れどらずけぬ愛敬片靨れゆゑする目元のしほの莞爾として
五月雨 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
ヂュリ 創口はしゃるがよい、にはロミオの追放大概う。うてたも。
「成程ね、十二支と江戸名所しだ」