“迄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
まで97.1%
いた1.4%
1.0%
マデ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんな、苦心談でもって人を圧倒して、お義理の喝采を得ようとは思わない。芸術は、そんなに、人に強いるものではないと思う。
自作を語る (新字新仮名) / 太宰治(著)
「わたくし共は粛然として先生に拝辞した。実に此日の会合は悲壮言語に絶してゐて、今にるまで忘れることが出来ない。」
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
老婆の胸には、この刹那に、おあいから、これで受けた親切が思い出され、もらった品物の種類や、その数すら心の中で読まれて目先にちらついた。
凍える女 (新字新仮名) / 小川未明(著)
昔、昔、ギリシャ詩人タチ、ソレカラ、ボオドレエル、ヴェルレエヌ、アノイ爺サンゲエテ閣下モ、アア、忘レルモノカ芥川龍之介先生ハ、イノチ
走ラヌ名馬 (新字新仮名) / 太宰治(著)