“此所迄”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ここまで50.0%
こゝまで50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然し此所迄引っ張ってぴんとさせなくっちゃ駄目だよと云うに至っては、緊張の趣は解して居るが雍容の味は解し得ない人だと云われても仕方がない。
高浜虚子著『鶏頭』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
庵主をうのだよ…、手前どもは相州東浦賀の者でございますが、今日漂流致しまして、漸々此所迄参ったので、決して胡散な者ではないから一泊願いとうございますが