“雍容”の読み方と例文
読み方割合
ようよう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
然し此所迄引っ張ってぴんとさせなくっちゃ駄目だよと云うに至っては、緊張の趣は解して居るが雍容の味は解し得ない人だと云われても仕方がない。
高浜虚子著『鶏頭』序 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
彼が言う所、何ぞそれ雍容悠長なる。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
雍容 儒雅
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)