伊沢蘭軒いさわらんけん
頼山陽は寛政十二年十一月三日に、安藝国広島国泰寺裏門前杉木小路の父春水の屋敷で、囲の中に入れられ、享和三年十二月六日まで屏禁せられて居り、文化二年五月九日に至つて、「門外も為仕度段、存寄之通可被仕候」と云ふ浅野安藝守重晟が月番の達しに依つて …
作品に特徴的な語句
くだす のぼつ ゆい わずらひ たはぶれ なり おのづから かう しからざ しんじ おもしろ なほし そう をはり ほとり ちよう さんぬる きたつ によ いそがは ゑがく むれ つらなる へんより ついで うづもれ やけ ちよく くわい はうむり まゝ かうぶ をはつ にはか かぜあり わが くわ たり きよ はじむ ひきゐ めぐり しゆつ かい ひさし かくの にはかに あは いたる しみ そゞろ 退たい のたに つたふ きはみ くはしく をし 卓子しつぼく あへ この 宿やどる ときに まさに まじはり ばう おほよそ つきて しる ころほひ をさまり はづかしめ うけたまはり おこなひ たつし いやす かせる たてまつ たゞち よしみ かづ あつさ となへ てう すでに しよう きやう めぐり まさし このごろ 乳母にゆうぼ のし かまびすしく まのあた いづれか とつ しかして かく 何人なんひと