伊沢蘭軒いさわらんけん
頼山陽は寛政十二年十一月三日に、安藝国広島国泰寺裏門前杉木小路の父春水の屋敷で、囲の中に入れられ、享和三年十二月六日まで屏禁せられて居り、文化二年五月九日に至つて、「門外も為仕度段、存寄之通可被仕候」 …
作品に特徴的な語句
裏店うらだな 突兀とつこつ 忖度そんたく たみ くりや いた 本意ほい 百日紅さるすべり けい 雑魚ざこ 我邦わがくに さて 香華かうげ そらん 山車だし たふ 浪華なには 湮滅いんめつ 紙鳶たこ 二間ふたま 月日げつじつ 看做みな 名告なの 菩薩ぼさち くすり 布袋ほてい 将監しやうげん しをり 碓氷うすひ 美作みまさか 忍辱にんにく てん すゑ 慈姑くわゐ 杜若かきつばた こつ あがな 為人ひととなり 先手さきて しう とも つとめ あま くわい かく とく じよう れき さき ポンド 蛞蝓なめくぢ 犢鼻褌とくびこん なら など はげ とり いたゞき こう 山谷さんこく がい つよく かなへ 猪牙ちよき あと すゐ 揣摩しま あらため 無之これなし 膳所ぜぜ 三日月みかづき 不在あらず 仮髪かづら 後手うしろて 蝟集ゐしふ 不忍池しのばずのいけ たふ 青柳あをやぎ 供御ぐご つちか 小店こだな きり のつと がく 一年ひとゝせ 万屋よろづや けい さは たゞ とゞ ぎやく 朽木くちき ひでり 参差さんし 櫛比しつぴ