“架”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
53.2%
かか21.4%
かゝ9.0%
わた4.5%
たな4.0%
かけ1.5%
1.5%
かく1.0%
げた0.5%
だな0.5%
はさ0.5%
かせる0.5%
しょいこ0.5%
だい0.5%
0.5%
ホコ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野毛の橋がけられる。あくる万延元年の四月には、太田屋新田の沼地をうずめて港崎町の遊廓が開かれる。外国の商人館が出来る。
半七捕物帳:40 異人の首 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
従つてその泊り場も一定してゐた訳ではなく、或る時は隅田川の上流の人気ない浅瀬に、或る時は都市の中央につた巨大な橋の下に。
水に沈むロメオとユリヤ (新字旧仮名) / 神西清(著)
から、すらりとうへ、なき白銀に、のやうなが、瑠璃色を、投掛けた玉章風情る。
月夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
溝にした花崗岩の橋の上に、髮ふり亂して垢光りする襤褸を著た女乞食が、二歳許りの石塊の樣な兒に乳房をませて坐つて居た。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
たる所は鮏につきてのぼるものゆゑ、岸にばかりのをかきて、こゝに魚楑をさし鮏を掻探りてすくひとるなり。
もっとも、話の中の川堤の松並木が、やがて柳になって、町の目貫へ続く処に、木造の大橋があったのを、この年、石にかえた。
絵本の春 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
此二つの卷物が、美しい裝ひで、棚をいた上に載せてあつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
してるとにもあらず、夕顏のつる西家ひ、烏瓜ほの/″\と東家きぬ。ひてむるにはあらず、にはるゝぞ。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「橋の向うの三の矢は、皆んな橋の間から飛んで來ましたが、四本目の今度の矢は、土手の方角から飛んで來たことになります」
昔こゝは火坑にて、一たびは焔の柱天に朝したることもありきといふ。庭を出でゝ山腹を歩み、大なる葡萄、茂れる「プラタノ」の林のほとりを過ぐ。
遠山に包まれた平野のの棒に刺さった稲束が、捧げつつをした数十万の勢揃いで、見渡すかぎり溢れた大軍のその中に降り込む驟雨。くっきり完璧の半円を描いた虹に収穫を飾られた大空の美しさ。
圯橋ところあり。又少く行烏川を渡る。川広一町余、あさし。砂石底を見るべし。時正に未後。西方の秩父山にはかにて、暗雲蔽掩し疾電いるがごとし。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
鶏は自由自在に入り込むが、いまだかつて追っ払われるのを見たことがない。農夫は野から草や穀物を運ぶのに長いを使う(図53)。その架は人間の背よりも高いので、背中の上の方に背負う。
巨勢は画額のの前に立ちて、今入りし少女に「ロオレライ」の画を指さし示して
うたかたの記 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
午前八時四十五分、先ず山砲の射撃は始った。また、歩兵部隊の一部は退路を塞ぐために、鉄線橋(り橋)を切断した。
霧の蕃社 (新字新仮名) / 中村地平(著)
武家時代の早い頃の絵巻を見ても、宴会の催される家の庭には、多く鷹がの上に据ゑ置かれて居る構図が見られる(拾遺古徳伝など)。
鷹狩りと操り芝居と (新字旧仮名) / 折口信夫(著)