“かけ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カケ
語句割合
20.2%
15.4%
11.4%
10.5%
8.1%
5.7%
4.0%
破片2.9%
2.9%
2.6%
1.8%
1.3%
砕片0.9%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
0.7%
欠片0.7%
賭博0.7%
0.4%
掛金0.4%
0.4%
缺片0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
何家0.2%
0.2%
0.2%
加計0.2%
夏家0.2%
小片0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
碎片0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
裲襠0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
馳競0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
肉のとらわれを脱して、高きにらんとねがうたましいばかりは、ますます濡れ輝いてゆくのを感じます。深く深くなりまさります。
青春の息の痕 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
こうして、ついに法水とのに、押鐘博士が勝った。しかし、内容を白紙と主張した法水の真意は、けっしてそうではなかったらしい。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
おつかはらもねえつちやつたから、まあだまるつきりしいやうだろ、どうしたランプまつとこつちへしてせえまあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
取て夫婦二人を無理に一つ駕籠に是でよしとて半四郎は鉢卷片肌ぎ何の苦もなく引擔ぎすた/\道をながら酒屋をて急ぎけり
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
主人の少女は小さな箱から氷のを二ツ三ツ、皿に乗せて出して、少年の枕頭て、「もう此限ですよ、また明日買ってあげましょうねエ」
二少女 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
鼻にて我々を見下し不孝の事のみ多く其上下女などに不義仕懸何一ツ是ぞと云取處なく斯樣の者に家を渡す事は勿論忠八に
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから今丁度内証で、そつとパンのを湿つた指で撮んで口へ持つて行つてゐるオスワルドに目を移して、「我々の懐かしい祖父」と云つた。
祭日 (新字旧仮名) / ライネル・マリア・リルケ(著)
鶏が茶碗の破片だの小石だのを食べて食物をこなすように胃の機械的作用が食物を砕く時中に固いものが少し交っているとかえってよくこなれます。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
両手でんで煙を掻分けるように、火事じゃ、とつけた居士が、(やあ、お谷、軒をそれ火がめるわ、ええ何をしとる)
半島一奇抄 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
女中や書生等の家人たちが、さも大手柄の大発見をしたように、功を争ってヘルンの所へつけるので、いつも家中がやかにっていた。
紅梅に幔幕ひかせ見たまひぬ白尾のの九つの雛
舞姫 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
る時は直立して天に向ふは危なしんと云へど聞かぬ顏にていよ/\飛ばす山は恰もるが如く樹は飛が如くに見ゆ快とば快爽と云ば爽なれどハツ/\と魂を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
多「踏抜きはしやせん、踏抜きをしねえように朝えうちに貝殻や小さい砂利だの瀬戸物の砕片があると、くって置き、清潔に掃きやんすから平坦になって居りやす」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
敵と申候儀理に存候すれば天下の御奉行樣にも罪なき者を御仕置に仰付られしは同樣ならんか併しき御方故其儘に相濟候事や私しどもが然樣たる事あらば重き御咎
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
家つ鳥の匂を思ひけり野つ鳥の小舍の前にして
河馬 (旧字旧仮名) / 中島敦(著)
と突いてかかった奴を袖摺へ一ヵ所受けた。その時又右衛門が走寄ってきたのである。血に染んだ来金道二尺七寸を片手に、六尺余りの又右衛門がつけたのだから小者はらない。
鍵屋の辻 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
それから図表、バァイオリンケース、パイプ、それから更に波斯スリッパー、——……と、それぞれ見まわす目に止まった。
そこに観念なるものと実在なるものと比較し得られるはしがあってその上に立ち見るものをして両端の距りを心測してきの妙味を味い得しめるよすががある。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
目もすまにみつつき冬の土玻璃の欠片すら光りかへさず
白南風 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
遣らねえものは燧木賭博椋鳥を引っかける事ばかり。
貧乏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
と、その氷の一を、綏子の両の手に握らせた。そして
美しい日本の歴史 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ええ……実は少し、掛金の寄らない先様があるもんですから」
春の雁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
牝馬アイテーおほいなる歡喜に滿ちてを待つ。 300
イーリアス:03 イーリアス (旧字旧仮名) / ホーマー(著)
目もすまにみつつき冬の土玻璃の缺片すら光りかへさず
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
鳥のように天空をり、のように猛威を競います。
鼻の表現 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
それから立って、黒塗の箪笥からを出して女にせた。派手な竪縞のお召縮緬に紫繻子の襟が掛けてある。この中年増が所謂番新というのであろう。女は黙って手を通す。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
蒲団を刎ねた旗二郎、見ている者もないところから、敷蒲団の上へあぐらを組み、手酌でグイグイ飲み出したが、考え込まざるを得なかった。
怪しの館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
そこで身を起して銭箱の中から毎日節約して貯め込んだ十三枚の小銀貨と百八十の銅貨をさらけ出し、皆ひっくるめて衣套の中に押込み、戸締をして寶兒を抱えて何家の方へと一散に走った。
明日 (新字新仮名) / 魯迅(著)
昔より久受と呼来たれども、此記の例、若し久受ならんには「国」の字は書くまじきを、にも軽島宮の段にも、又他の古書にも、皆「国」の字をるを思ふに、上代には「久爾須」といひけんを
国栖の名義 (新字新仮名) / 喜田貞吉(著)
中一日置いて三十一日には、又商人がを取りに来る。石田が先月の通に勘定をしてみると、米がやっぱり六月と同じように多くいっている。
(新字新仮名) / 森鴎外(著)
広島県の国境にちかい山中に山県郡加計という寒村がありましてね。二十何年の昔になりますが、身の丈よりも高いような草を押しわけて私がその山奥まで売りこみに行ったものです。
「康おじさん、きょう死刑になった人は夏家の息子だそうだが、誰の生んだ子だえ。一体なにをしたのだえ」
(新字新仮名) / 魯迅(著)
室に入り来てまず四周と人々を見廻し地板に坐り両掌を地板にせ、また諸方に伸ばして紙や麪包小片を拾い嗅ぐ事猴のごとし、この児痩形にて十五歳ばかりこの院に九年めり
皓齒河貝んで、優美端正ぶべからず。あるをはきてしぬ。香氣一脈芳霞靉靆く。いやなあり。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
多「それでは十四年此方えられた、鹽原角右衞門という方がありやんすか」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
衣冠何須挂神武 衣冠神武ることを
礫川徜徉記 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
遂に彼等進み来り手をイエスにへぬ。——馬太伝廿六章
接吻 (新字旧仮名) / 斎藤茂吉(著)
彦兵衞重罪なればとての皮をて獄門にられしかば皆々彦兵衞は全く御所刑に成りし事と心得居たるを此度明白に善惡をされし故世の人彦兵衞は無實の罪に死なざりし事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
古い砲彈の碎片などが掘り出されて
定本青猫:01 定本青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
法体と装ひて諸国を渡り、有徳の家をつて金品をめ、児女をひて行衛をます、不敵無頼の白徒なる事、天地に照して明らかなり、汝空をり土にむとも今はるゝに道あるまじ
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
やはりまるで何ひとつ眼には見えず、そして闇のなかで海のもの倦い睡たげな音がして、神が混沌の上をっていた頃の、涯しなく遙かな想像すべからざる時が聞こえていた。
決闘 (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)
で、私はまた上り口へ行って、そこに畳み寄せてあった薄いのような襤褸布団を持ってきて、それでもと二枚延べて、そして帯も解かずにそのまま横になった。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
貸小袖に魂が入って立ったとも見えるし、行燈のうた裲襠に、蝴蝶が宿って、夢が徜徉とも見える。
陽炎座 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
建立す宮樣の始めにて一品准后の宮と稱し奉つり天子御東伐ある時は宮樣を天子として御綸旨を受る爲なり然ども天子には三種の神器あり此中何れにてもれば御綸旨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
兎角する今迄は、其邊縱横暴廻つてつた沙魚は、氣味惡南方けて、るやうにした。端艇かれて、疾風のやうにるのである。はいよ/\必死だ。
礼之進が早くも二度のを働いたのに、少なからず機先を制せられたのと——かてて加えてお蔦の一件が暴露たために、先生がく感情を損ねられて、わざとにもそうされるか
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)