ヰタ・セクスアリスウィタ・セクスアリス
金井湛君は哲学が職業である。 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。金井君は哲学が職業である癖に、なんにも書物を書いていない。文科大学を卒業するときには、外道哲学と Sokrat …
作品に特徴的な語句
土瓶どびん 敵愾心てきがいしん どんぶり 伯林ベルリン 凄味すごみ 唐桟とうざん 夜鷹よたか 盂蘭盆うらぼん うそ 和泉いずみ 鉄漿かね 緋縮緬ひぢりめん 梶棒かじぼう 整頓せいとん 為方しかた 百日紅さるすべり 木挽町こびきちょう 関聯かんれん 愛宕あたご 拳骨げんこつ 咀嚼そしゃく 濶歩かっぽ 衣桁いこう 外道げどう 馬琴ばきん 向島むこうじま 書肆しょし 焼酎しょうちゅう たね 膾炙かいしゃ 杞憂きゆう 左程さほど 畏怖いふ 猥褻わいせつ ばく 柴折戸しおりど 面当つらあて 今戸いまど 烟草たばこ 煎薬せんやく 生際はえぎわ 鰹節かつおぶし 潜戸くぐりど 譬喩ひゆ 物怪もっけ かど 推敲すいこう 烟管きせる 匿名とくめい 樺太からふと 猿若町さるわかちょう 雪隠せっちん 寝惚ねぼ 徒士かち 贔負ひいき 鞘当さやあて すな 中年増ちゅうどしま 撫肩なでがた 煮炊にたき 夭折ようせつ 逢引あいびき 店前みせさき 竪縞たてじま 鏘々そうそう 鎧櫃よろいびつ 当前あたりまえ 大門おおもん 羊羹色ようかんいろ 衒学げんがく 笑談じょうだん 苦味にがみ 蒲焼かばやき 閾際しきいぎわ 平蜘蛛ひらぐも 朴歯ほおば うすもの 間々あいだあいだ 戸惑とまどい 萌芽ほうが むこ 麦稈帽むぎわらぼう 寝転ねころ 淘汰とうた 亜鉛あえん 梅暦うめごよみ 江戸児えどっこ けい 雪踏せった 反歯そっぱ ささや 猟人かりゅうど 朝野ちょうや おいずる 醵金きょきん 膨脹ぼうちょう かけ