“担荷”のいろいろな読み方と例文
旧字:擔荷
読み方(ふりがな)割合
かつぎに50.0%
にない50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“担荷”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
三枝は、「一寸失敬」と云うかと思えば、小さい四辻に担荷かつぎにを卸して、豆をっている爺さんの処へ行って、弾豆はじけまめを一袋買ってたもとに入れる。
ヰタ・セクスアリス (新字新仮名) / 森鴎外(著)
——蕎麦屋は、巷の迅風耳じんぷうじとみえ、よくしゃべっていたが、急に、担荷にないに天秤をさし入れて、
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこへ、夜鷹蕎麦そば担荷にないが通った。温かそうなねぎの香と、汁のにおいが、ふたりの空腹をもだえさせた。胃のうずきが唾液をわかせて抑止しようもない浅ましい意欲に駆られた。
大岡越前 (新字新仮名) / 吉川英治(著)