“葱”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ねぎ95.2%
ねぶか2.7%
そう0.7%
0.7%
ネブカ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
風情もない崖裾の裏庭が、そこから見通され、石楠や松の盆栽を並べた植木が見え、茄子胡瓜のような野菜が作ってあった。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
癖より病で——あるもの知りの方に承りましたのでは、訴訟狂とか申すんだそうで、が枯れたと言っては村役場だ、小児んだと言えば交番だ。
眉かくしの霊 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
魚鳥に七箇日の忌のなる事。さもや候らん。えみ及ばず候。地体はいきとしいけるものは。過去の父母にて候なれば。くうべき事にては候わず。又臨終には。酒魚鳥などは。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
甚重ごもり しと思ふ(仁賢紀)
日本文章の発想法の起り (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
そのためびらはおろか、葱だいらも大半は雪の底に葬られ、白馬あさつきの紫花に、かれんな雲間紅日影蝶の舞い遊ぶ景色なども、ただ思い出のまぼろし以外
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)