“河豚”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふぐ94.3%
てつ2.9%
ふく1.4%
やつ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この辺の海からあがるトラ河豚みたいな顔をしている。へいはこういうひとの通例だが、より以上、いやな感じを与えるざしで
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
河豚は知ってるのかと訊かれると、順平は、知りまへんとはどうしても口に出なかった。
放浪 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
あたかも、いつか、河豚に酔って帰ったときのように、半ば正気をうしなっているらしい。浄瑠璃の肩衣は脱いでいるが、袴はつけている。
花と龍 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
いま、瀧太郎さんは、まじろがず、一段目玉きくして、にぶく/\とれて河豚ふからく。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)