“てつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
29.0%
26.1%
20.3%
14.0%
2.4%
1.9%
1.0%
河豚1.0%
鉄板1.0%
天津0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
鉄瓶0.5%
鋳鉄0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
外に拙者と、お腰元が一人、おといってこれは十八、仲働きが二十六のおという忠義者、下女が二人、それにという仲間がいる。
だからこの第一部だけをとつて、又しても『假面の告白』のを踏みはしまいかと心配するのは、おそらく杞憂といふものだらう。
町方から取締りの役人は出て居りますが、外の事と違つて、信心に關する限り、幕府は放任政策にして、大抵のことは見て見ぬ振り。
りや大層大事にしてあるな」醫者手拭をとつて勘次た。火箸つたくほのかにれてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
明治辛未の三歳、吾が義卿身を致せしをること、に十三年なり。その間風雲しばしば変わり、に中懐に愴然たること無きわず。十月某日はちその忌辰なり。祭りてこれに告げていう。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「壁をした生活」と云ふ詩には巴里の夜の街のどの家の壁も作者の前に無くなつて各人の心持が大音楽の様にえる光景を歌つて居る。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
孔子に三千の門人ありて門に十をいだす。
は御覧の通り腰掛け店で会席など改った料理はやらず、今のところ季節柄河豚料理一点張りだが、河豚は知ってるのかと訊かれると、順平は、知りまへんとはどうしても口に出なかった。
放浪 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
その代り、あれだけの長櫃はどんな梵妻のとこにだつてありつこなしさ。上張りの鉄板なんざあ、おれがポルタワへ出仕事に行つたをり、百人長の二輪馬車に張つたのより、ずつと上物なんだぜ。
蘭軒の女は天津智貌万知の五人で、長は第三女であつた。長の夫は棠軒の親類書に「御先手井手内蔵組与力井戸応助」と云つてある。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
頃日伊沢分家にして知り得たる所に従へば、蘭軒の長女は天津で、文化二年に夭した。其生年月をにしない。二女智貌童女は文化九年中生れて七日にして夭した。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
佐藤一斎の佐藤梅坡といふもの此に来て教授す。天民大窪酔客も亦来遊すといふ。此日天赫々なれども、山間の駅ゆゑ瘴気冷然たり。行程八里
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
皿小鉢き或はひ或はりなどして樂みけり却説袋井の甚右衞門は此程お芳の逃亡なせしはきり九郎兵衞の所業ならん然すれば不動院などに匿れ居るも知れずと流石商賣柄だけくも
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
五助は身をって、心覚ざまに棚なる小箱の上から、取下した分厚な一の註文帳。
註文帳 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
去年勅諚綸旨等の事一すといえども、尊皇攘夷くもむべきに非ざれば、また善術を設け前緒を継紹せずんばあるべからず。京師学校の論また奇ならずや。
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
「さうして奥のお鉄瓶も持つて来ておくれ。ああ、もう彼方御寝になるのだから」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
鋳鉄小板がキラキラと閃めき、長劔が鞍にあたつて音を立てる。兜が揺れあがり、口髭は黒ずみ、両眼は瞑られて、睫毛が伏さつてゐる——彼はまどろんだまま、夢うつつで手綱を握つてゐるのだ。