“轍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わだち71.2%
てつ27.3%
あと1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
がなくていいな。」とだけれどっていたときです。蒸気ポンプのが、あちらのりをがったようです。
火事 (新字新仮名) / 小川未明(著)
「え? また駕籠ですか。南蛮幽霊のときもそうでござんしたが、あいつと同じで、また江戸じゅうを駆けまわるんでげすかい?」
されどこの輪の周圍のいと高きところの殘しゝを人かへりみず、良酒のありしところに生ず 一一二—一一四
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)