“綸旨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りんじ73.1%
りんし26.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そしてまさか、前執権妹聟の高氏のふところにも、後醍醐の綸旨がかくされていたなどとは、疑ってみる者すらもなかったのだ。
私本太平記:08 新田帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
撰者は宗良親王、弘和元年十二月三日長慶天皇の叡覧にそなえた。全部二十巻。叡覧に供える前、弘和元年十月、勅撰集に擬せられる旨の綸旨を賜わった。
中世の文学伝統 (新字新仮名) / 風巻景次郎(著)
勅使の一行が通ってきた北国の駅路には、綸旨下向のうわさが、当然、人々の耳目からひろがった。そして、念仏門のえが謳歌された。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其上、朝令暮改、綸旨を飜す有様である。今若し武家の棟梁たる可き者が現れたら、恨を含み、政道をむの士は招かざるに応ずるであろう。
四条畷の戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)