“御綸旨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ごりんし66.7%
ごりんじ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
建立す宮樣の始めにて一品准后の宮と稱し奉つり天子御東伐ある時は宮樣を天子として御綸旨を受る爲なり然ども天子には三種の神器あり此中何れにてもれば御綸旨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
赦免御綸旨をおうけしたからには、いずれ近いうちに都へご帰洛なさることであろう——
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
万里小路惟房卿をお使いとして、微臣信長に、密勅を賜わったが、今また、信長上洛の催しを叡聞あらせられて、ひそかに、優渥なる御綸旨と、金襴戦袍とを賜わった。
新書太閤記:03 第三分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)