“東伐”の読み方と例文
読み方割合
とうばつ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さぐりえた噂によれば、東伐の大事を割ッて、関東へそれを密告した者は、みかどの乳父、吉田大納言定房であるというではないか。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
建立す宮樣の始めにて一品准后の宮と稱し奉つり天子御東伐ある時は宮樣を天子として御綸旨を受る爲なり然ども天子には三種の神器あり此中何れにてもれば御綸旨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
祈祷の首魁も文観僧正だし、また常に、みかどの帷幄に隠れて、東伐の謀議にあずかり、諸山の僧兵をして、みかどの御野望にさせんと、策しておる黒衣の軍僧こそは、文観その人である、と
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)