“乳父”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
めのと100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳父”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
さぐりえた噂によれば、東伐とうばつの大事を割ッて、関東へそれを密告した者は、みかどの乳父めのと、吉田大納言定房であるというではないか。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
後醍醐には、今なお、乳父めのとの吉田が、鎌倉へ密告したなどとは、どうあっても、信じられてはいない。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)