“乳父”の読み方と例文
読み方割合
めのと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さぐりえた噂によれば、東伐の大事を割ッて、関東へそれを密告した者は、みかどの乳父、吉田大納言定房であるというではないか。
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
みかどがまだ尊治親王とよばるる御身分にすぎなかった幼少から、わが家にておだて申しあげて来たいわゆる乳父の彼であった。
私本太平記:01 あしかが帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「ほかでもない。かの、みかどの乳父吉田ノ大納言定房卿が、宮中のおんてを密告したものであると申す儀は、まことであろうか、虚伝であろうか」
私本太平記:03 みなかみ帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)