“乳児”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ちのみご50.0%
ちのみ33.3%
あかご8.3%
ちご8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
普通の乳児よりはずっと大きく小児らしくなっておいでになって、このごろはもうからだを起き返らせるようにもされるのであった。
源氏物語:07 紅葉賀 (新字新仮名) / 紫式部(著)
それがというと、坊やも乳児の時から父親にゃあちっとも馴染まないで、少しものごころが着いて来ると、顔を見ちゃ泣出してね。
化銀杏 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
吠えるように雑兵はる。それはただ逃げたがっている焦躁にすぎないが、獅子乳児には敵の心をることなどできなかった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
知らぬ間に荒れた板葺のひまから月が洩れて、乳児の顔にあたり、それを無気味に青ざめさせていた。
姨捨 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)